« | »

2013.12.26

技能の更新(在留資格取消事由該当)

申請人は栃木県内に居住する40歳代のインド人男性です。
2005年に技能(コック)1年で上陸許可。
その後、いくつかの料理店を転勤しながら今日に至っています。

依頼を受けた時点では、栃木県内のインド・パキスタン料理店に勤務しており、在留資格は技能(1年)、在留期限は2013年11月でした。
問題は、前回の更新直後の2012年11月、勤務先を退職、日本を出国してインドに帰国し、6ヶ月以上、日本で就労していなかった点です。よって在留資格取消事由に該当しています。
再来日後にも再度転職していますので、前回の更新後、2回転職し、いずれも契約機関に関する届出を行っていませんでした。ただし、退職に関する証明書はいずれも所持していました。
契約機関に関する届出に関しては、あらかじめ、東京入管宇都宮出張所に相談してみました。
その回答は「届出制度が浸透していないようです。更新と同時で構いませんので、速やかに届け出るようにしてください。」とのことでした。

内容は更新申請ですが、認定案件に準じる書類を添付することにしました(申請人の本国での職歴証明書を除く)。
また理由書を添付し、以下のような説明を加えました。
・6ヶ月に渡る一時帰国の理由として、数年前に本国で結婚したが、妻を日本に招聘しないで別居婚の状態が続いていたので、夫婦としての生活を取り戻したかったこと、今回の一時帰国で妻が妊娠したこと。
・3ヶ月以上、就労していないと、在留資格取消の対象になることを知らなかったこと。それに対する謝罪と今後の法令遵守の誓約。
・コックとしての在留履歴が8年に及ぶこと。コックとしてのキャリアが20年に及ぶこと。
概略以上のような内容で更新申請をなし(東京入管宇都宮出張所取扱い)、同時に契約機関に関する届出を2通提出して、10日ほどで更新許可(1年)を認められています。

油断をしてはいけませんが、在留資格取消事由該当に関しても、契約機関に関する届出に関しても、かなり柔軟な取扱いがなされているという感想を持ちました。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.