« | »

2013.07.12

在留特別許可を求めて出頭した際に渡される用紙

在留特別許可を求めて東京入国管理局調査第三部門へ出頭しますと、従来から「提出書類について」と題する書類を交付されるシステムになっています。
この用紙は、入管が不足書類の追加要求をするために用いられてきましたが、一方では、その出頭申告者(不法滞在者)について、調査第三部門が調査を開始したことを意味します。つまり、これを所持しているということは、既に入管に出頭済みで調査第三部門に事件があること、よって、入管の他の部署(摘発担当者)が当該申告者を発見しても拘束するようなことをしない旨を意味していることになります。100%の保障はできないが警察の検挙であっても同様である旨、入国警備官から耳にするところです。

この「提出書類について」の様式が、平成25年に入ってから、若干変わりました(それ以前の少なくとも平成18年から平成24年においては同じ様式でした)。
次が、平成24年以前の様式です。
こちらをクリックすると、PDFファイルが展開します。
「提出書類について」とある次の行に「本書を同封の上」と書いてあります。追加書類と一緒にこの原紙を送付するよう求める指示です。末尾のほうに<キリトリ>とあって、切取線の下だけを本人が保管することを意味します。しかし、これだけですと、日付(出頭申告日)と事件番号は入っていますが、肝心な出頭申告者の名前が入っていません。たまたま摘発に当たった入管の他の部署や警察が逡巡することも想定されます。そういうこともあり、私は、追加書類を提出する場合、決して原紙は入管に出さず、コピーを同封するようにしていました。

次が、平成25年の様式です。
こちらをクリックすると、PDFファイルが展開します。
「提出書類について」とある次の行に「本書の写しを同封の上」とあります。そして、末尾に「この用紙は大切に保管し、当局に資料を提出する際には、この用紙の写しを同封してください」となりました。
「提出書類について」の原紙は出頭申告者が保管することになったわけです。
担当者名も記入され、随分と親切になったように見受けられます。切取線は無くなりました。
仮放免許可とは意味が違いますが、この用紙に“捕まえない保障”を付与したのに近くなった感があります。
ほかに、「外国人登録証明書写し」を「在留カード写し」に変更し、「外国人登録原票記載事項証明書」を削除してあります。
「最寄り駅から居宅までの経路図」を削除したのは、腑に落ちません。あったほうが良いと思うのですが。

このほか、「配偶者質問書」という様式ができました。
こちらをクリックすると、PDFファイルが展開します。
内容は、出会い、同居、居宅間取り、金銭管理、プロポーズなどに関して、チェック式がメインの簡単なものです。

これら、在留特別許可を求める際に関係する書類の一覧は、ZIPファイルにしてアップロードしてあります。
こちらをクリックしてダウンロード・解凍すると、PDF9ファイルが展開します。
(6/28アップロード、7/12改訂)

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.