« | »

2011.03.25

最近の在留特別許可(4)

最近の在留特別許可案件に関して、変わった事情のある案件をいくつか掲記してみます。
◇ 配偶者に殺人未遂の前科 ◇
(序) 政権が交代したせいかどうか判然とはしませんが、およそ2009年後半以降の自己出頭案件について、ほとんど1年余の期間、手続が止まったかのようでした。そんな中の1件です。
(1) 本人の履歴など 
 20歳代のタイ国籍の女性です。自己名義のパスポートを使用し、2007年1月に短期滞在で上陸、そのまま不法残留しました。1回目の違反です。
 2008年1月に日本人男性と婚姻、同年7月に離婚していますが、この婚姻によって入管へ出頭することはしなかったそうです。
(2) 当職への依頼と出頭の遅延 
 08年10月、別の日本人男性である現夫と知り合い、交際同居し、09年6月に日本式婚姻が成立しました。
 両親同居、持ち家のうえ、現夫との間の子を妊娠したがそれが子宮外妊娠で卵管破裂、片方の卵巣を失うという悲劇もありました。
 再婚という点以外は、条件的に良かったと思われますが、現夫が仕事を忙しがり、大使館(婚姻要件具備証明書の取得)や入管へ出頭する時期が遅れ遅れだったことが気になる案件でした。
 およそこの当時以前は、不法滞在者であっても日本人の配偶者として外国人登録をしてあれば、入管が摘発に来ることはないと思われていた時期でもありました。出頭が遅れるのは良くありません。しかし、当職としては当事者の意向を無視できる立場にはありません。
 そうしたところ、09年8月下旬に入管の摘発担当(調査第1部門)が地元警察官を連れて、自宅に摘発に押しかけてきました。たまたまそのとき、本人が不在だったそうで、摘発を免れました。電話連絡は取れていたそうですが、「逃げ切ってしまった」そうです。
 仕事を理由に出頭を引き延ばしていた日本人配偶者でしたが、さすがに自ら出頭しないと問題が大きくなると感じたのでしょう。入管が摘発に来た翌日には、自己出頭することになりました。
(3) 自己出頭とその後の進行
① 自己出頭は、09年8月下旬でした。このころからの傾向で、出頭日におけるインタビューは軽めでした。
② その後、外国人本人が2度目の妊娠をしました。無保険の状態で出産を控え、多額の費用が掛かります。本人、家族から、何度かに亘って入管に進行状況の問い合わせを行いましたが、時間が掛かるとのみの回答だったようです。(2010年に入り、実務家たちも、08年や09年前半までとは、同種事案の取扱いに大きな違いが生じたことに気づかされたと言えます。)
 2010年9月、夫婦間の長男が出生しました。
③ 同年11月、入管が、予告なく自宅調査を行いました。夫の両親と外国人本人が在宅しており、写真撮影などが行われました。この手続は、厳しい審査ながらも許可見込みのある案件で行われる調査であると認識しています。
最近、電話調査は頻繁にあっても自宅調査がある案件は多くないと言えます。
④ 2011年1月下旬、午前9時半の呼出しがありました。長男の出生届記載事項証明書を提出するよう指示されました。
なお、後刻になってから聞いたのですが、夫婦揃って出頭するよう求められていたそうです。内容は、夫婦揃ってのロングインタビューでした。午後5時過ぎまで掛かる日程でした。この手続も、厳しい審査をすべき事案であると担当官(入国警備官)が考えたものと思います。実子もあるのになぜだろうか?と思いましたが、この点は、後に感想を記します。
⑤ 同年2月上旬、入管から電話があり、日本人夫の前科を問われました。夫は入管に対して、『殺人未遂で2年間服役していた』と正直に述べたそうです。この前科は、刑法34条の2の規定により、まだ抹消されていません。配偶者の前歴は大きな要素になることもありますので、私からも業務開始時点で聞いたことがあります。そのときの返答は、「免許証もゴールドだし前科なし」とのことでした。この時点に至り、重大なウソを言われていたことに気づかされることになりました。当方としては、当事者による重大な契約違反と認識せざるを得ず、果たしてどの程度の影響があるのか、先読みの難しい状況になりました。
⑥ 入管から「2月××日午前10時」に外国人本人のみ出頭するよう電話がありました。当事者は、何度も入管に日付を確認したと言いますが、カレンダーを見ると同日は土曜日です。出頭日時を再度確認してもらい、○○日(火曜日)の間違いであることが判明しました。入管の事務がかなり杜撰な証拠です。当事者側も入管の連絡が正確かどうか、細心の注意を払わなければなりません。再確認した○○日(火曜日)に仮放免許可となりました。仮放免許可申請はしていませんし、保証金もありません。仮放免による最初の「出頭確認日」は、従前、2ヶ月後を指定されるのが通例でしたが、本件に関しては、5週間少々後の日付指定でした。
(5) 在留特別許可
 入管から電話があり、上記の第1回目の出頭確認日より前の3月中旬某日午前9時半に出頭するよう求められました。ところが、今般の大震災のために、交通の便が非常に悪い状況になりました。呼出日の前日、入管から電話があり、「どうしますか?来られますか」と聞かれました。結局、当事者本人が無理と判断し、延期を求めたそうです。その後、呼出日の1週間後の某日午前9時半に審判部門への出頭を求められました。当日の持参書類として、戸籍謄本、住民票、登録原票記載事項証明書、仮放免許可書、外国人登録証明書、パスポートを指示されました。
 同日、午前中に違反判定、口頭審理、異議申立ての手続があり、午後2時から「在留特別許可」の裁決がありました。
(6) 若干の感想
上記のように
1点目 もう少し俊敏に大使館や入管へ出向く時間を取ってくれれば、2ヶ月は早く出頭できたものと考えられ、09年前半のように数ヶ月単位での最終決裁も可能だったのではなかったかと思われる点が残念でした。
2点目 日本人配偶者の前科が大きな影響を持つことも想定されるのですが、結果から見ると、両親同居、持ち家、実子の存在とプラス面が多く、前科のマイナス面を払拭したかのようでした。
3点目 入管が摘発に来たとき、逃げてしまったこと。これは、警備部門(摘発に当たった調査第一部門だけではなく、在宅調査を行った調査第三部門を含む入国警備官)の印象をだいぶ悪くしたものと思います。
前にも経験があるのですが、警備部門は、自分たちの努力を当事者が水の泡にするのを大変嫌います。「捕まえに行ったのに逃げた。自分たちの尽力を無駄にした。」というわけです。この部署は、こういった感情的で恨みじみた反応をすることがしばしばあるので、要注意です。
 そして、仮放免が許可され、事案が警備部門(入国警備官)から違反審査・審判部門(入国審査官)に引き継がれると、第1回目の出頭確認日より前に、在留特別許可を降ろす事実上の決定があったことが伺われます。総合的に見て入国審査官の心証は良かったということだろうと想像しています。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.