« | »

2019.08.24

戸籍に記載されない日本人の嫡出子

国籍法第12条に「出生により外国の国籍を取得した日本国民で国外で生まれたものは、戸籍法(昭和二十二年法律第二百二十四号)の定めるところにより日本の国籍を留保する意思を表示しなければ、その出生の時にさかのぼつて日本の国籍を失う。」との条文があります。戸籍法104条は、その期間を3ヶ月以内と定めていますから、要するに前記国籍法の要件と合わせて、子の出生から3ヶ月以内に国籍留保届を提出しないと、出生時に遡及して日本国籍を喪失することになります。つまり、日本人の嫡出子にして、戸籍に登載されない子が多数存在するのです。こういうケースは、国際結婚家庭に多く発生しますが、日本人同士の夫婦間の子であっても、例えば、アメリカ(国籍生地主義)で子を出産すると、同じ法理により、日本国籍を喪失し戸籍に載らない嫡出子、という事案が発生します。下記のサイトですと、「2.出生子の日本国籍喪失にご注意下さい。」の部分です。
https://www.la.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/m03_04_38.htm
結局、戸籍を頼りに相続人を確定させる作業をしていると、必ず、相続人の「漏れ」が生じるのです。
これが非嫡出子であれば、認知届は日本人の戸籍に載ります。こういう矛盾は昔から指摘されているところで、ある意味、私ども国際結婚者の間では常識と言えます。
今般、相続法の改正がありました。法改正があったからこそ、前々から問題になっている「戸籍に載らない嫡出子」について、何らかの手当をしてほしかったし、また、相続実務を取り扱う人たちの認識を改めてほしいと感じた次第です。

Comment & Trackback

Comments and Trackback are closed.

No comments.